ヒアルロン酸

自然な表情でわかわかしく

しわを埋めたり溝を盛り上げたりするために、皮膚にヒアルロン酸を注入する治療方法です。
ヒアルロン酸は、体内で自然に作られ、年齢を重ねるにつれ減少する成分であるため、皮膚とのなじみがよく、注入材として安全であるとされています。
2014年に初めて厚生労働省の承認を受けた製材が発売され、自費によるアンチエイジング治療として、顔のしわや溝の修正に使用できるようになりました。
 
主な効果:アンチエイジング
主な効果(しわ)

 

ヒアルロン酸注入/注射とは

なぜ、しわが目立たなくなるのか


しわを埋めたり溝を盛り上げたりするために、皮膚に注射し、そのボリュームを増加させる物質を皮膚充填材または注入材(フィラー)といいます。現在使われている皮膚注入材には、ヒアルロン酸のほか、コラーゲンやハイドロキシアパタイトなどの合成注入材があります。
ヒアルロン酸注入材は、1996年に最初の製品がヨーロッパで承認されて以来、皮膚注入材として世界的に最も多く使用されています。
皮膚にできた深いしわや溝は、ヒアルロン酸注入材をその直下に注入することで、目立たなくすることができます。

説明図

アレルギー反応が目立たない注入剤


ヒアルロン酸やコラーゲンは、体内で自然に作られ、年齢を重ねるにつれ減少する成分であるため、皮膚とのなじみがよく、注入材として安全であるとされています。
コラーゲンは、ヒアルロン酸よりも一足早く1980年代後半から皮膚注入材として使用され、現在はウシ由来のコラーゲンが多く用いられています。
ただし、たんぱく質の一種であるコラーゲンは、体質によってアレルギー反応を起こす可能性があるため、コラーゲン注入材による治療の1ヵ月以上前にアレルギー検査を行い、安全性を確かめなければならないという問題があります。
 
 1990年代後半に登場したヒアルロン酸注入材は、主成分がたんぱく質ではないため、治療前のアレルギー検査が不要です。
さらに、当初主に用いられていたトリ由来の抽出成分に代わって、近年はバイオテクノロジーによって生産された非動物由来の成分が主流となりました。
これらの製品は不純物として含まれるたんぱく質の量が極めて少ないため、アレルギー反応を起こす可能性が低くなっています。
ヒアルロン酸注入材は、即日に、安全な治療を行うことができる皮膚注入材であるといえます。

効果と持続時間

ヒアルロン酸注入材は、適切な量を注入しても2~3日はふくらみ気味になることがあります。しかし、約1週間程度で自然な仕上がりに落ち着きます。その後、製品や注入部位によって異なりますが、治療効果は6ヵ月~1年程度持続し、徐々に消えていきます。

注入する部位

顔の皮膚表面にあるしわや溝に注入できます。なお、部位によって適したヒアルロン酸注入材の種類や、注入量、注入方法は異なります 。

また、最近では、しわや溝の直下だけではなく、中顔面(目の下から口付近まで)に、少量ずつヒアルロン酸を注入して、顔全体の印象を改善する治療も行われるようになりました。

説明図

当治療回数の目安

6ヵ月~1年ごとに継続的に行うと効果的です。
(症例によります。詳しくは診療の際にご相談下さい。)

ダウンタイム

しばらく冷やすことによって、痛みや赤みを抑えることができます。数時間後には、メイクをすることもできます。その後、すぐに日常生活に戻ることができます。
ヒアルロン酸注入材は、適切な量を注入しても2〜3日はふくらみ気味になることがありますが、1週間程度で自然な仕上がりに落ち着きます。

治療の際の注意点

ヒアルロン酸を含む化粧品などで、お肌のトラブルを起こしたことのある方は、医師にお申し出ください。
治療後は、注射した部分をマッサージしないようにしてください。また、治療から約2週間後に、医療施設で治療効果のチェックを受けてください。
また、何らかの異常が現れた場合には、直ちに医師にご連絡ください。