ボトックスビスタ®

気になる表情じわに

例えば、眉をひそめたときにできる眉間のしわ。
皮膚にハリがあれば、表情じわは回復できますが、年齢と共にしわが残るようになってきます。

このようなしわを表情じわといいます。ボトックスビスタ®を患部に注入することで
表情じわの原因である筋肉の緊張をやわらげ、しわを目立たなくしていきます。
 
主な効果:筋肉の緊張を和らげる
主な効果(表情しわ・小顔・口角UP・たるみ・多汗症)

 

A型ボツリヌス治療とは

ボトックスビスタ®について

 

A型ボツリヌス治療とは天然のタンパク質を精製した薬で、しわの原因となる筋肉の緊張をやわらげ、しわを目立たなくする治療法です。
里皮フ科クリニックで使用している薬剤ボトックスビスタ®はこの治療薬の一つで、国内で唯一厚生労働省に承認されています。ボトックスビスタ®は厳しい管理の下、無菌状態で製造・保管されています。

具体的な治療方法

 

とても細い針を用いて、顔の特定の筋肉に少量のボトックスビスタ®を注射します。
痛みや不快感が生じることがありますが、通常はそれほど強い痛みではなく、
麻酔の必要はありません。
治療にかかる時間は平均10分前後です。
具体的な治療方法 説明図

治療技術

A型ボツリヌス治療は専門的な技術が必要とされるため、認定を受けた医師しか行うことができません。里皮フ科クリニックでは、ボトックスビスタ®の講習を受けた、充分な知識・経験のある医師が治療を行っています。

 

 

治療効果

一般に、治療後48時間以内には効果があらわれてきます。そして2週間後には最大限の効果に達します。
効果は3か月持続し、徐々に元の状態に戻ります。そのため、大事な予定やイベントなど目標がある場合は、半月から1ヵ月くらい余裕を持って治療を受けることがおすすめです。

 

 

当治療回数の目安

3か月に1度継続的に行うと効果的です。

当治療回数の目安

数時間後には、メイクをすることもできます。すぐに日常生活に戻っていただけます。

当治療回数の目安

治療後は、注射した部分をマッサージしないようにしてください。
治療から約2週間後に、医療施設で治療効果のチェックを受けてください。また、何らかの異常が現れた場合には、直ちに医師にご連絡ください。
 
  • 医師に伝えておくべきことはありますか?
  • 筋肉や神経に影響を与える病気(筋萎萎縮性側索硬化症[ALS]、重傷筋無力症、ランバート・イートン症候群など)にかかっている方や、妊娠中の方は医師にお申し出下さい。
  • 表情に大きな変化などは起きませんか?
  • 適切な量を適切な部位に注射すれば、外見が急激に変化したり、不自然な表情に見えたりすることはありません。
  • ボトックスビスタ®でしわが増えることはありますか?
  • ボトックスビスタ®の影響で、新たにしわが増えることはありません。
    効果がなくなると、筋肉は徐々に治療前の状態に戻ります。
  • ボトックスビスタ®の治療後に化粧品を使用したり、
    他の治療を組み合わせても大丈夫でしょうか?
  • ほとんどの場合は問題ありません。
    ご心配な方は、医師にご相談ください。
  • ボトックスビスタ®の治療に痛みはありますか?
  • 注射の痛みはありますが、通常はすぐにおさまります。
    また、注射前に注射する部位を冷やしておくと、注射後の痛みが和らぐことがあります。

  • ボトックスビスタ®に副作用はありますか?
  • どのような医薬品にも副作用はあります。
    ボトックスビスタ®では、頭痛、まぶたが下がる(眼瞼下垂:がんけんかすい)、注射部位の局所的な痛み、顔の痛み・赤み、筋肉の部分的な脱力、注射部位周辺の腫れ・あざ、皮膚のつっぱり、無感覚、チクチクする感じ、吐き気などが報告されています。